pp56vgstke (pp56vgstke) wrote,

公募セクハラ校長復職方針に波紋写真ニュース

ール。ウーディは張り詰めた覚悟の表情。チヤは純粋にやる気に満ちた顔だ。ナバールは両名の顔を見て尚、どこか穏やかに笑ったままだ。

「ウーディ殿、頼む」

腰の携帯袋からコインと同程度の大きさの土色の物体を取り出す。砂漠の薔薇と呼ばれる物が小さくなったような形状だ。

続いて一枚の札。厚みがあり、布を思わせる生地に何か紋様が刻まれている。

ウーディは出された二つのアイテムに眉をひそめ、大きく息を吐いた。二つともが、ナバールが先に言った物に相違なく偽者でもないと判断したからである。

「あ、あの!私は何をすれば?」パネライ 名古屋

チヤが状況に追いつけずに訳知り顔でやりとりする二人に自分の役割を聞く。

まだ幼いというのに、二人になった巨人に対峙する仲間に気を配りながらこうやって話が出来る。チヤ自身はまだわかっていないが、これも相当な成長だった。

長いと邪魔になるからと髪も短く切り、ナバールに剣を習い、ウーディから魔法も習っている。姉のように慕う響を見て、彼女とずっと歩きたいと感じた彼女なりの頑張り。実戦を繰り返しながらのそれはチヤの中で順調に育っている。

「チヤは、いいんだ。あの二人を……」

「いえ。チヤ、ナバール殿に全力で支援を。しばらく掛け直しが必要ない強力な魔法を掛けてください」

「わ、わかりました!!」

「……ウーディ殿」

「さて、後はローズサインですか。札はどうやって忍ばせるのですか」

「柄に巻く」

「では固定化もしておきましょう。起動キーは覚えていますね?」

「流石に笑えない冗談だ。問題無いとも」

場を和ませようとでもしたのか、他愛も無い質問をするパーティの魔術師に笑みを苦笑に変える。

「……冗談の気は無かったのですがね。一世一代の舞台に向かうなら万が一も気にするべきですよ」

ウーディの手から魔力が流れナバールの手にあった土色のアイテムが液状に溶けて彼女の中に吸い込まれる。

チヤの気合の入った支援魔法も掛け終わる。

ナバールは身に溢れてくる力に肩を震わせた。最初はチヤの支援魔法の効力かと思ったが、際限無くこちらの都合も無視して高まる暴力的な力は彼女の魔法ではないと断ずる。

「発動を確認しました。スタートです」

ウーディの事務的で硬い声がナバールの耳に届く。言われるまでも無く既に彼女の目は戦場を、イオを捉えていた。

その白い髪が風に揺れて首筋が露になる。首の横側に何かついていた。真紅の色をした薔薇を模した模様。

「……ローズサイン。出来れば身内に見たくは無いものでしたよ」パネライ 時計 価格

「……ウーディ殿、これは私の願いだ。そのような顔をされるな。では……参る!」

駆け出すナバールの全身からうっすらと輝きが放たれている。本来美しくさえある姿に、ウーディは痛々しい泣きそうな雰囲気を出して見守る。

「あの、策って何だったんですか?」

「必殺技を使う準備みたいなものです」

「凄い!ナバールさん、そんな技を使えたんですね!!」

無邪気に喜ぶチヤにウーディは少しだけ魔法を練る準備を止めて天を仰いだ。

「……ええ。一度限りのね」

小さく。

その声が闇に溶けた。

************************************************
次で勇者終わりです。

ご意見ご感想お待ちしています。ステラ、決する

「なん、だと!?」

一度下がった剣士が輝きを纏って戻ってきた。

牽制でイオが放った一撃を明らかに先程までとは違う速度を持ってかわし、そのまま走りがけに脇腹にその剣が走る。

腹筋を締め、何度も弾いたようにやり過ごす筈の一撃は、しかし鮮やかに巨
http://www.watchsrug.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments